アルバムトップ : 3D画像診断(CT) :  今までは頭の中で3次元構築をしてきた

[<     1  2  3     >]

今までは頭の中で3次元構築をしてきた
 [26] 今までは頭の中で3次元構築をしてきた高ヒット
投稿者snagaisnagai さんの画像をもっと!   前回更新2012-10-23 9:35    
ヒット数2400  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)
今まで「咬合診査のために」、セファロ撮影・パノラマ撮影・顎関節・規格撮影等を行ってきました。セファロ撮影は矯正治療の規格写真という意味ではなく、「あらゆる方向から詳細なデータを集めること」「頭部全体の情報を得るために不可欠な写真である」と考えてとのことでした。

これら資料に基づき、頭の中で3次元画像を構築し、治療方針を立案する手法で長年診断を行ってきました。しかし「頭の中での3次元構築」は慣れと訓練が必要です。

『トロフィーマックス』は今まで頭の中で3次元構築してきたものが、撮影後すぐに画面上に映し出されるというのが画期的です。あらゆる方向からの分析を可能にし、総合的な診断が容易にできるようになりました。

[<     1  2  3     >]










医療法人永仁会 永井歯科医院
宮崎県都城市八幡町12−28   TEL:0986-22-1080 FAX:0986-22-1118
関連リンク集   個人情報保護方針