3D画像診断(CT)


広範囲の撮影領域を持つ『トロフィーマックス』 広範囲の撮影領域を持つ『トロフィーマックス』

1回の撮影範囲が「下顎骨」「舌骨」「第一・第二頚椎」これらを含む頭部の撮影ができる歯科用CTです。

 

今までは頭の中で3次元構築をしてきた

今まで「咬合診査のために」、セファロ撮影・パノラマ撮影・顎関節・規格撮影等を行ってきました。セファロ撮影は矯正治療の規格写真という意味ではなく、「あらゆる方向から詳細なデータを集めること」「頭部全体の情報を得るために不可欠な写真である」と考えてとのことでした。

これら資料に基づき、頭の中で3次元画像を構築し、治療方針を立案する手法で長年診断を行ってきました。しかし「頭の中での3次元構築」は慣れと訓練が必要です。

『トロフィーマックス』は今まで頭の中で3次元構築してきたものが、撮影後すぐに画面上に映し出されるというのが画期的です。あらゆる方向からの分析を可能にし、総合的な診断が容易にできるようになりました。

 

総合的な顎口腔系の携帯診査のために

下顎骨は頚椎とも深い関係があり、下顎骨の偏位が舌骨と関連して頚椎の偏位をまねき、椎骨動脈の流れに影響を与えて、顎口腔領域の不定愁訴だけでなく、全身の疾患にも影響を与えていると考えています。

そのため当院では姿勢や顔貌、さまざまな不定愁訴の改善がみられる生理重力線上でのバランスの取れた下顎位を「全身の健康に良い下顎位」と定義し、かみ合わせ治療のひとつの目安としています。『トロフィーマックス』は立位での撮影となるため、座位や水平位で撮影する場合と異なり、生理重力線上の下顎位がよりイメージしやすく、下顎骨、顎関節・舌骨・頚椎の位置関係がより臨床的な3次元構造で再現できていると考えます。軟組織モードにすることで上顎洞などの含気空洞の状況や喉頭蓋、気道の状況も把握でき、総合的な診断に大きな力となっています。

 
  シロナソアナライザー


噛み合わせの治療 噛み合わせの治療

噛み合わせの不正によって引き起こされる症状の原因を特定し治療に役立てております。

咬合治療の他、インプラント治療、審美歯科、矯正歯科、予防歯科などの診断、予後観察に役立ちます。

この機器により、かみ合わせの位置や顎の動きなどを数値化・図式化し、コンピューターで分析します。


 


 
  APGハートレーターSA-3000P


脈波計を使用した自律神経の分析 脈波計を使用した自律神経の分析

指先から発生する微細な生体信号から「心拍間変異度(HRV)」と「加速度脈波(APG)」を測定し、ストレス度合いや抹消血液循環状態(血管年齢など)を同時に判定する検査測定器です。
治療前後の自律神経のバランスを測定できます。




 

加速度脈波計(APG)

血管の老化度が測定できます。
指尖容積脈波を測定し、抹消再動脈の血流動態を分析して、拍出強度・血管弾性度・残血量等血流状態を確認し、血管老化度を測定する検査方法です。

【検査対象】
・抹消循環障害、細動脈硬化症、動脈硬化、動脈閉塞疾患、閉塞性動脈硬化症等の1次スクリーニング
・血管拡張作用をもった薬剤の効果判定

 

心拍間変異分析(HRV)

自律神経のバランス診断に。
心拍間の微細変異を利用して、自律神経の活性度および交感神経・副交感神経の均衡状態を分析。ストレスへの対処能力や梨実神経異常による症状が診断でます。

【分析の目的】
・非侵襲的自律神経系機能評価
・ホメオスタシスの調整メカニズム評価
・心血管調節システム評価
・ストレスマネジメント

 










医療法人永仁会 永井歯科医院
宮崎県都城市八幡町12−28   TEL:0986-22-1080 FAX:0986-22-1118
関連リンク集   個人情報保護方針